【本出版のお知らせ!】
「イギリス家庭菓子」~美味しい紅茶とバターの甘い香りに誘われて~2016年9月7日発売(グラフィック社刊) 詳細はこちらから

new【5月イギリス菓子レッスン】詳細は こちら から
イングリッシュマドレーヌ&ブレッドアンドバタープディング
5/11(木)残席3 5/13(土)残席1 5/16(火)残席2 10:00~12:30

2014-09-10

フェアリーケーキ

 
おはようございます。
 
 
昨夜は綺麗なスーパームーンが見れましたね。
 
 
 
 
イギリスにはフェアリーケーキという素敵な名前のお菓子があります。
 
 
妖精のケーキ・・・。
 
 
サイズも小さく、小さな子供の小さな手にもぴったりのケーキです。
 
 
カップケーキと何が違うのかと言うと・・・
 
 
 
 
 
 
これと言った定義は無いように思いますが、
 
 
しいて言えば、フェアリーケーキのほうがサイズが小さく、
 
 
トッピングがアイシングでシンプル、という気がします。
 
 
近年、アメリカから始まったカップケーキの流行の波はイギリスにも届いており、
 
 
サイズも大きめで、バタークリームでカラフルにデコレーションされたカップケーキを
 
 
よく目にするようになりました。
 
 
でも、このサイズ小さめのフェアリーケーキも今も確かに残っています。
 
 
 
 
 
 
飾り付けもスプリンクルをぱらっとかけた、シンプルなもので、
 
 
家庭で作ったり、スーパーなどでも販売されています。
 
 
息子が現地校で何かイベントがあると、
 
 
多くのママたちが手作りのフェアリーケーキを持参していました。
 
 
シュガーアートで飾り立てたカップケーキもよく作っている私ですが
 
 
素朴で可愛らしいフェアリーケーキも大好きです。
 
 
 
 
 
 
一緒に大きいサイズのレモンケーキも焼きました。
 
 
プレゼント用でしたので、シュガーアートのお花と蝶々も飾って。
 
 
 
 
 
 
レモンの爽やかさたっぷりのケーキです。
 
 
同じレシピでも、サイズを変えるだけで違った印象になりますね。
 
 
 
 
妖精という名前のフェアリーケーキ、手作りのママの味ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日も素敵な一日を!
 
 
 
 
 
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...