◆ただいま、レッスンはお休み中です◆

2021-04-30

National Trust* Book of Scones ~Wet Nelly Scones~《14/50》

  ナショナルトラストのスコーンレシピ本、スコーン50種類全部作ってみる!


~⁂◆ひとりで勝手に50スコーンチャレンジ◆⁂~

***************

National Trust 

 Book of Scones

50 Delicious Recipes and Some Curious Crumbs of History

Sarah Clelland



さて、本日のスコーンは・・・

(14)Wet Nelly Scones

~ウェットネリースコーン~




聞きなれない名前のスコーンだと思います。

「 Wet Nelly (ウェットネリー)」とは

イギリスはリバプール地方で好んで食べられていたブレッド&バタープディングの事です。


(ウェットネリー)

このスコーンは事前にウェットネリーを焼いておかなければいけません。

しかもこのブレッド&バタープディング、一晩パンをミルク液に浸すので、

スコーンを焼く前々日から準備が必要になります!


(みっちりしっとり食感のウェットネリー)

材料はセルフレイジングフラワー、ベイキングパウダー、バター、グラニュー糖、

卵、ウェットネリー、牛乳の8種類(ウェットネリーの材料は含みませんが)。




「珍しい名前のこのスコーンは、メインの材料となるスパイシーでしっとりしたリバプールの郷土菓子

ブレッドプディングのウェットネリーから来ています」


生地には事前に焼いたウェットネリーが入っています。




~感想~
スコーンの記事の中にケーキ生地が!
お好み焼きをおかずに白いご飯を食べる関西メニューのようですが
ドライフルーツとスパイスが効いた、お腹に貯まる美味しいスコーンでした。
事前に焼いたウェットネリーはレシピの半量で作りましたが
全量をスコーンに使わなくても良かったので、美味しいブレッド&バタープディングとしても頂きました。
一晩ミルク液に浸すせいか、みっちり重ための食感です。
200℃で20分





そして、今回のナショナルトラストプロパティーは


(画像はNational Trust からお借りしました)


***
 

ナショナルトラストの所有地の多くはおしゃれな小川や池が敷地内にある。

ここスピーク・ヒル内にはマーシー川が流れている。

そこに川があることはもともと知っていたが、いざ目の当たりににすると二度見してしまった。

エントランスを抜けるとすぐ目の前に巨大な川があるのだ。

対岸にはエルズミア・ポートの船着場ある。

 

スピーク・ホールは1500年頃に骨組みがチューダー式の角材を用いて作られている。

屋敷を所有したのは歴代でノリス家とワッツ家の2家族のみである。

ウィリアム・ノリスが大ホールと立派な応接室を建てた。

エドワード・ノリスは1568年に跡を継いだが、彼はカトリック系の神父を匿っていたことを密告されている。

この頃から緑色のベッドルームから隠し梯子を通じて神父を匿っていた秘密の部屋があったとされている。

 

1795年にノリス家は邸宅を奴隷業、植民地開拓で財を成したリチャード・ワットに売った。

この頃にはスピーク・ホールは老朽化が少し進んでいたが、19世紀にゆっくりと改築が行われた。

最終的にはまだ若いアデレード・ワットが跡を継ぐことになった。

彼女の父が30歳の若さで亡くなったことから非常に幼い段階での引き継ぎとなったが、

彼女が1921年に死ぬまでスピーク・ホールを守った。

 

アデレードは子供がいなかったため、彼女の死後はノリス家の子孫に邸宅を継いで欲しいと願っていた。

しかし20世紀頭に近隣に空港(現在のリヴァプール・ジョン・レノン空港)ができたため、

他にも開発が進んだら住民にとって迷惑になるかもしれないと思い、

ノリス家が継ぎたくなければナショナルトラストに寄贈するとした。

結果的に物事はそのように進み今に至る。


***


ここのガーデンのブルーベルはとても素晴らしいので、是非訪れて欲しいナショナルトラストです。

毎年ブルーベルは5月の第1週頃が見頃ですので、まさにそろそろですね。




どっしり重めのスコーン




前回は4/23(金)~Salted Caramel and Apple Scones~《13/50》
次回は5/7(金)~Chocolate and Marshmallow Scones~《15/50》












Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...