◆ただいま、レッスンはお休みしております。◆

2021-09-17

National Trust* Book of Scones ~Cherry and Almond Scones~《34/50》

 ナショナルトラストのスコーンレシピ本、スコーン50種類全部作ってみる!


~⁂◆ひとりで勝手に50スコーンチャレンジ◆⁂~

***************

National Trust 

 Book of Scones

50 Delicious Recipes and Some Curious Crumbs of History

Sarah Clelland



さて、本日のスコーンは・・・

Cherry and Almond Scones

チェリーとアーモンドのスコーン



先週のスコーンとまるで一緒に見えますが違いますよ!




チェリーのお菓子というと、どうしてもこのプレートを使いたくなってしまうのです。

フランスのビンテージのお皿ですが、

ぽってりとした厚みが素朴でお気に入りです。




材料はセルフレイジングフラワー、ベイキングパウダー、バター、グラニュー糖、

ドレンチェリー、卵、アーモンドエッセンス、牛乳、スライスアーモンドの9種類。




「チェリーがちりばめられ微かなアーモンド風味のスコーンはアフタヌーンティーに最高にぴったり」




~感想~

先週の「チェリーとバニラのスコーン」と似ておりますが、
こちらのスコーンはとってもリッチなお味でした。
ドレンチェリーの量はちょっと多すぎるかもしれません。
スコーンだけで十分甘いので、クロテッドクリームとジャムを付けるとなると…。
バターとも一緒に頂きましたが、甘いスコーンに塩味が良く合い美味しかったです。
190℃で23分。




そして、今回のナショナルトラストプロパティーは


(画像はNational Trust からお借りしました)



***


もしどこかしらのテレビ局がダウントン・アビーに変わる日曜夜に放送するドラマのテーマを探すとしたら、

ルフォード・オールド・ホール以上に適しているところはないだろう。

 

ここには一風変わった面白い歴史がある。

13世紀後半からここはヘスケス家のものであった。

1491年に当主となったトーマス・ヘスケスは最初の妻が別の男性の子供を産んだため、離婚した。

のちに再婚したが、いずれの息子も若くして亡くなったため、土地を愛人の息子の中でも最年長であったロバートに譲った。

 

なぜか彼は他の相続の権利を主張する人たちを押しのけ、土地の権利を守り切った。

その彼が今、私たちが見ることのできる立派なマナーハウスを建てた人なのだ。

 

ロバートを息子として迎え入れる時にトーマスは劇団を運営していた。

会社も継いだ彼が一躍有名となったのは、ルフォード・オールド・ホールに1581年の数ヶ月間、

17歳の天才的演者のウィリアム・シェイクスピアを雇い住まわせていたからだろう。

 

家の煉瓦造りの別棟は1662年にできた。

その後1720年代に別のトーマス・ヘスケスが東棟をホームズウッド・ホールから移すことで増築した。

 

1760年にはヘスケス家はルフォードを後にした。

1820年代にはトーマス・ヘンリー・ヘスケスが買い戻し再建したが、あまり生計が立ち行かず、1936年にはナショナル・トラストに寄付された。


***




甘いスコーン




前回は9/10(金)~Cherry and Vanilla Scones~《33/50》

次回は9/24(金)~Zesty Lemon Scones~《35/50》の予定












2021-09-13

アンティークのアイスクリームカップでサマープディング

 9月に入り、夏が終わったようでしたがまた少し夏が戻って来ましたね。

そんな夏の終わりにサマープディングを。




 

お気に入りのアンティークのアイスクリームカップに

無理やり乗せたサマープディング。






夏の始まりの頃、近くの農園で摘んだブルーベリーを冷凍していたので

ブルーベリー多めの甘酸っぱいサマープディングとなりました。

日本版 PYO (Pick Your Own)ですね。




今週も穏やかに過ごせますように…




#1009##

2021-09-10

National Trust* Book of Scones ~Cherry and Vanilla Scones~《33/50》

 ナショナルトラストのスコーンレシピ本、スコーン50種類全部作ってみる!


~⁂◆ひとりで勝手に50スコーンチャレンジ◆⁂~

***************

National Trust 

 Book of Scones

50 Delicious Recipes and Some Curious Crumbs of History

Sarah Clelland



さて、本日のスコーンは・・・

Cherry and Vanilla Scones

チェリーとバニラのスコーン




今週からはまた甘いスコーンとなります。

赤いチェリーがたくさん入ったノスタルジックなスコーンです。




材料はセルフレイジングフラワー、グラニュー糖、バター、バニラ、牛乳、ドレンチェリーの6種類。




「バニラ香るお手軽スコーン」





~感想~

シンプルな材料ですが、美味しい,優しいスコーンでした。
大量のドレンチェリーが入っていますが、案外良いバランスでちょっとビックリ。
成形もしやすく作りやすいスコーンですね。
見た目も可愛らしく、ティータイムにぴったりだと思いました。
ドレンチェリーを使うとなんだか懐かしい感じがしますね。
190℃で20分。





そして、今回のナショナルトラストプロパティーは


(画像はNational Trust からお借りしました)


***


私は興味深い一族が絡んでいるナショナル・トラストの土地が実に好きなのだが、ここトリディーガーはそれの一つだ。

 

チューダー家が住んでいた部分は1485年にヘンリー・チューダー出資のもと

ジョン・モルガンによって建設され、報酬としては近隣の土地を与えられた。

私たちが今現在、目にする赤煉瓦でできた部分はウィリアム・モルガンのために1664年から1774年にかけて建設された。

ウィリアムの2人目の妻、エリザベス・デイレルは複数回にわたりウィリアムを襲撃したことから精神病院に送還された。

 

モルガン家は産業革命時にノリに乗っていた。

1875年に跡をついだゴッドフレー・モルガンはクリミア戦争の際に軽騎兵の突撃を受けて生き残った二人の将校の一人だ。

ピーク時には彼の日給は1000ポンドを超えており、これはかなりの大金だ。

彼の甥にあたるコートニーが引き継いだが、彼はゴッドフレーが作り上げた財産を使うことに全力をかけていた。

 

どんな一族のメンバーよりも特徴的なのはコートニーの息子エバンであった。

彼はゲイでオカルトに熱狂していたような人物であったがカトリック系に転身し、チェンバレンをローマ法王の統治下とした。

彼は多くのペットを飼っており、ビンボという名前のヒヒなども飼っていた。

エバンが死んだあとは彼の従兄弟のジョンが相続したが、家計を維持することができず

土地を複数の尼に売り、本人はフランス南部に移住した。

 

これがモルガン家のトリディーガーでの歴史である。

家はその後1974年に政府に買収されるまでは学校として機能した。

ナショナル・トラストは2012年にここを買い上げ修復作業を始めたが、屋根の修復だけで予算が500万ポンドも割かれた。

エバンがヒヒの餌のために何百万も使っていなければ…


***




優しいスコーン




前回は9/3(金)~Horseradish Scones~《32/50》

次回は9/17(金)~Cherry and Almond Scones~《34/50》の予定





2021-09-06

ブラムリーアップル

 イギリスのクッキングアップル・ブラムリー。

いつもは長野県の小布施町からお取り寄せしてますが

なんと、近くの「OKストア」で販売されていると生徒さんに教えて頂きました。




実は昨年も教えて頂いたのですが、お店に行った時にはすでに完売となっておりました。




ブラムリーが近くのお店で普通に買えるようになるなんて、ちょっと感激!

どこの「OKストア」でも扱っているようでは無いようです。

ご確認してからお求め下さいね。




昨年作ったブラムリーのアップルパイ




今年も楽しみです。





#1009##


2021-09-03

National Trust* Book of Scones ~Horseradish Scones~《32/50》

  ナショナルトラストのスコーンレシピ本、スコーン50種類全部作ってみる!


~⁂◆ひとりで勝手に50スコーンチャレンジ◆⁂~

***************

National Trust 

 Book of Scones

50 Delicious Recipes and Some Curious Crumbs of History

Sarah Clelland



さて、本日のスコーンは・・・

Horseradish Scones

ホースラディッシュのスコーン




ビーツのスコーンに引き続き、ミニサイズのスコーンです。





材料はセルフレイジングフラワー、バター、塩こしょう、ホースラディッシュ(ソース)、卵、
牛乳の7種類。

生のホースラディッシュが手に入ったので使ってみましたよ。




「クレームフレーシュとスモークサーモン、チャイブを乗せて
小さくてピリッとスパイシーなスコーンをカナッペのようにしても良いでしょう」




ということなので、サワークリーム(クレームフレーシュ代わりに)とスモークサーモンと一緒に。

ホースラディッシュのツンとした爽やかな香りが贅沢なカナッペスコーンとなりました。




やっぱりもうちょっと大きく焼いても良いかな・・・。

レーズンバターを合わせて赤ワインとも頂きましたが、こちらもお勧め!




~感想~
生のホースラディッシュを使いましたので、ツンとした強めのスパイシーさが大人味で美味しかったです。
もちろん、ホースラディッシュソースでもこの感じは同じように楽しめると思います。
(ホースラディッシュソースでもまた試してみたいです!)
ビーツのスコーンでも思いましたが、もう少し大きくても良いと思います。
200℃で15分。

このスコーンでセイボリースコーンは最後になります。
どれも本当に美味しくて、色々なセイボリースコーンにトライしてみたくなりました。




そして、今回のナショナルトラストプロパティーは

Chartwell (Kent)

(画像はNational Trust からお借りしました)


***

チャートウェルは私が初めて訪れたナショナル・トラストの施設だ。

私はそこで多くの人がやったであろうことをした。

ちょっと見て回るか、くらいの気持ちで訪れて、そしたらナショナル・トラストの会員になることが、

シングルビジットよりもはるかにお得である事に気づき、会員になったのだ。


チャートウェルはサー・ウィンストン・チャーチルが住んでいた場所だ。

彼は1922年に5000ポンドで買い上げたのだが、

その時のクレメンタイン夫人は一目見ただけでいかに高級な買い物になるかを察したことだろう。


チャーチルは彫刻家のフィリップ・チルデンを雇い屋敷を現代風に改築させた。

クレメンタインが憂いていた通りにこれは非常に高価な改築作業となったが、

結果的にチャーチルが死ぬ1965年までは一族にとっての聖域のような役割を果たしてくれた。

クレメンタインは夫無き状態でこの屋敷に住み続ける気は無く、

ナショナル・トラストと共に戦前の姿に復元することにし、その復元後の状態が今私達が目にする建物だ。


私がチャートウェルへ2度目に訪れたのは彼らが新しい猫を飼い始めたことを聞いたからだ。

ちょっとした心温まる話がある。

チャーチルは88歳の誕生日を記念し、ジンジャー色のジョックという名前の猫をプレゼントされた。

チャーチルは非常に猫を可愛がり、

ジョックがダイニングに現れるまで人間の家族の食事を始めることはなかったくらいに溺愛していた。

チャーチルはチャートウェルに新たなルールとして

常に屋敷はマーマレード色で白い手足、白い胸元の猫をジョックと名付け住まわせることとした。

私が訪れた理由はジョック6世が迎えられたからだ。


私は遠目からしかジョック6世を見る事は出来なかった。

私は完全に猫が望むようには動いてくれないという事を忘れていたのだ。

猫は要求を呑む事はなく、ただ要求するのみだ。

私は家にも可愛いのが一匹いるからこれを知っているのだ。


チャーチルの魂は間違いなくこの家の中で生きている。

彼がもし急に私の後ろのドアから部屋に入って来てもなにも驚きではないだろう。

しかし、なぜか不思議なモダンな感じの空気も漂っているのだ。

他の施設に比べて”保存”されている感じがしないのだ。

いくつかの部屋は素晴らしい博物館のようになっているが、

全体としてみると非常に生活感のある家のように感じるのも不思議だ。

チャーチルのような非凡な男に非常に似合う立派な屋敷である。


***




ピリッとスパイシーなスコーン





前回は8/27(金)~Beetroot Scones~《31/50》

次回は9/10(金)~Cherry and Vanilla Scones~《33/50》の予定




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...