2021-04-16

National Trust* Book of Scones ~Rhubarb and Stem Ginger Scones~《12/50》

   ナショナルトラストのスコーンレシピ本、スコーン50種類全部作ってみる!


~⁂◆ひとりで勝手に50スコーンチャレンジ◆⁂~

***************

National Trust 

 Book of Scones

50 Delicious Recipes and Some Curious Crumbs of History

Sarah Clelland




***************

フィリップ殿下がお亡くなりになりました。

エリザベス女王の支えとなり、激動の人生を送られた方です。

ニュースでは密を避けるため献花には訪れず寄付を、と声明が出されたとありました。

私もイギリスに居た時、近所の方がお亡くなりになられたことがありました。

その時に知ったのですが、

新聞に訃報が載るのですが、そこに故人がよく寄付していた団体の名前も記されるのです。

献花やお香典をしたい方は、その団体に寄付をして下さいという事だそうです。

寄付=donationが人々の生活に根付いている証ですね。

ご冥福をお祈りいたします。

***************


さて、本日のスコーンは・・・

(12)Rhubarb and Stem Ginger Scones

~ルバーブ・ステムジンジャースコーン~




材料はセルフレイジングフラワー、ベイキングパウダー、グラニュー糖、バター、

ルバーブ、シロップ漬けジンジャー、牛乳の7種類。




「鮮やかなピンクで軟らかい促成栽培のルバーブは、ヨークシャー地方では2月から3月にかけて見られますが、
その後は露地ものを使いましょう」




ルバーブはイギリスではお庭に植えられていたりするほどメジャーな野菜です。

最近は日本でも目にするようになりましたね。


そしてこのスコーンのもう一つの材料、ステムジンジャー。




stem ginger in syrup → ジンジャーのシロップ漬け

生姜のかたまりをシロップ漬けにした物なのですが、

ジンジャーはイギリスのお菓子でもよく使われています。

一見、栗の甘露煮みたいですね。

お菓子によく使うので、私も刻んだ生姜をシロップ漬けにして常備しています。




~感想~
このスコーンもかなり大きいサイズなのですが、
最初、多めにミルクを生地に練りこんだところ、
ビロ~ンと大きく広がってメロンパンのようになってしまいました。
味、食感はとても良かったのですが、ルックスが・・・
なので、再度ミルクの量をレシピ通りに作り直してみたところ
巨大ですがスコーンらしくなりました。
ルバーブは冷凍物を使いました。
解凍して余分な水分は除きましたが、ぎゅっと絞ったりしないでね。
冷凍のまま加えても良いかもしれません。
本にはクロテッドクリームとジャムと一緒にとありますが、
ほのかな甘みとルバーブの酸味が美味しいので、そのままで頂きました。
あっ、レシピではつばーぶの皮を剝くと有りましたが、剥きませんでした。
イギリスのカントリーサイドを彷彿とさせるスコーンでした。
180℃で28分





そして、今回のナショナルトラストプロパティーは



(画像はNational Trust からお借りしました)


***

ハードウィックのベスは当時のエリザベス時代の中ではかなりのやり手であったことで知られている。

この超人的な女性はハードウィック・ホールのみならず近くチャッツワースも開拓した。

彼女は生涯で四人の夫を持ち、最後の夫と時間を共にしている間、スコットランド女王であったメアリーを管理し幽閉する立場にあった。

これはメアリーが断頭されるまでの15年程続いた。

また、ベスはレディ・ジェーン・グレイが打ち首になるまでは非常に仲が良かったことでも知られている。

さて、ここまでの四人の夫の話や関わった人が度々処刑されている話だけ聞けば、

彼女がまるで悪役の未亡人のように聞こえるだろうが、実際に残されている話を聞くとそういった印象は持たない。

彼女は全員を愛していたが、それ以上に賢いのであった。

彼女の父はまだベスが生後七ヶ月のの時にこの世を去ったが、残された母親は遺産のせいで非常に苦労した人生をおくった。

これを見て育ったベスは、毎回の結婚の度に資産を増やしていき、最終的には女王に次いで全英で二番目に裕福な女性となる。

 

ハードウィック・ホールは1590年に壮大さと見栄を求めて建立された。

全ての塔のてっぺんにはベスのイニシャルが刻まれているのである。

この建物はロバート・スミスソンによってデザインされたのだが、当時の物としては非常に珍しい設計となっている。

まず左右対称なのである。

また、各寝室が1階に配置され、リビングといった共有の部屋が上階に設けられたのだ。

さらに当時は高級品であったガラスを贅沢に使い多くの窓をつけた。

 

巨大な建物であるため、非常に多くの部屋があるが、そのどれもが息を呑むような美しさで出来ている。

また私たち観光客にとっては非常に嬉しいことだが、1590年代当時のタペストリーも未だに飾られているのが見れる。

これは一家のメインの居住地がチャッツワースであり、

ハードウィックはその時代時代に合わせた改築やリフォームなどが行われなかったからである。


***

ここはお庭がとても素晴らしいので、機会があれば是非行って欲しいところです。





またまた大きなスコーン




次回は4/23(金)~Salted Caramel and Apple Scones~《13/50》の予定






2021-04-09

National Trust* Book of Scones ~Wholemeal Fruit Scones~《11/50》

  ナショナルトラストのスコーンレシピ本、スコーン50種類全部作ってみる!


~⁂◆ひとりで勝手に50スコーンチャレンジ◆⁂~

***************

National Trust 

 Book of Scones

50 Delicious Recipes and Some Curious Crumbs of History

Sarah Clelland




***************


さて、本日のスコーンは・・・

(11)Wholemeal Fruit Scones

~ホールミール・フルーツスコーン~




材料はセルフレイジングフラワー、全粒粉、グラニュー糖、バター、

サルタナレーズン、卵、牛乳の7種類。




「全粒粉を使ったスコーンを作る時は、こねる時も伸ばすときも軽いタッチが重要!」

とありましたので、私も軽いタッチで作りましたよ。




前回のメープル&ウォールナッツスコーンと同じく、大きなスコーン。

本にも「large scones」と有ります。

イギリスでご近所さんとのバーベキューパーティーで

big、large、tallの違いを説明されたことが有りました。

お酒も入っていたので大盛り上がりの話題でした。

このスコーンは間違いなくlargeですね。




~感想~
全粒粉の分量がほどよく、小麦の風味を感じつつも軽やかで食べやすいスコーンでした。
牛乳はレシピの分量ではちょっと足りないかなと思ったので、
ほとんどを生地に入れ、表面に塗れる分量位だけ足しました。
大きいので、予熱も十分にしてから焼きましょうね。
190℃で26分
最近、色々なジャムを作っているので、
色々自家製ジャムと一緒に頂きました。
ジャムもスコーンも美味しく味わえるスコーンですね。




そして、今回のナショナルトラストプロパティーは



(画像はNational Trust からお借りしました)


***

私はここ数年ほど、ハンティンドン近くのハフトン・ミルに行きたいと思っていた。

旅を始めると共に、私はどこにいけばナショナル・トラストの中でも最上のスコーンを食べれるかを聞いて回った。

そんな中、ハフトン側から自分たちが作っているスコーンは自家製の小麦を用いている、

とアピールしてきた。


私が思うに、ハフトンの人たちはこうアピールするべきであった。

私たちは10世紀から続いている製粉所で、一度はポット・ブラウンの手によって経営もされていた。

1930年頃には一度消滅の危機に瀕したが、ご近所さんの手によって救済され

その後ナショナルトラストに寄贈され、改修工事を経て

今では毎週日曜日に製粉機を稼働させ可能な限り小麦粉を挽いている。

 

バグパスのファンならきっと私と同じことを思っているであろう。

有名な話としてねずみがチョコレートビスケット工場を所持していて、解雇された人たちを煽るパレードを行っていた。

ところがネズミたちは実際にクッキーを作っているわけでもなく、同じ製品を使いまわしていたのであった。

私を含め多くの読者が騙されていたことであろう。

まぁ私はそれを読んだ時、まだ3歳だったのだが。

 

これが原因で私は製粉所のイメージとしてはスーパーで売っている小麦粉を別の袋に移し替えて売っているだけだと思ってた。

が、実際は近所で収穫された小麦を元に、ちゃんとハフトンで挽いて美味しいスコーンを作っていたのだ。

なんて素晴らしいのだろう。


***


確かに美味しいスコーンでした。




大きなスコーン




次回は4/16(金)~Rhubarb and Stem Ginger Scones~《12/50》の予定




2021-04-05

ファブリックのイースタービスケット缶

昨日のイースターサンデー、いかがお過ごしでしたでしょうか。

我が家は土曜日が忙しかったので、昨日はのんびり過ごしました。

そんな何でもないイースターサンデーでしたが

少し前、とっても可愛いプレゼントが我が家に届きました。


先日の「オンライン英国展」で販売した

イースタービスケット缶そっくりのファブリック! 




オリジナルのビスケットよりずっと可愛い!



作って下さったのは

昨年の英国展でパッチワークのスコーンホルダーやオーナメントを制作して下さった

purebluequilt さん




ビスケット缶風ファブリックと合わせてイースターバニーやイースターエッグも。

可愛くて、色々撮ってしまいました!


大きめのイースターバニー


かご入りイースターエッグ




もうちょっと大きめのイースターエッグ



残っていたビスケット達と合わせてみました。




止まりませーん




いつも素敵なハンドメイドの品を作って下さいます。

イースターモチーフはどれも可愛いですね。




イースターサンデーは過ぎてしまいましたが、

しばらくイースター月間として、懐かしいイースターな投稿を続けますね。




心温まるプレゼント、ありがとうございます。

穏やかな1日を。




2021-04-02

National Trust* Book of Scones ~Hot Cross Scones~《50/50》

  ナショナルトラストのスコーンレシピ本、スコーン50種類全部作ってみる!


~⁂◆ひとりで勝手に50スコーンチャレンジ◆⁂~

***************

National Trust 

 Book of Scones

50 Delicious Recipes and Some Curious Crumbs of History

Sarah Clelland




***************


さて、本日のスコーンは・・・

(50)Hot Cross Scones

~ホットクロススコーン~


え???


本来ですと

(11)Wholemeal Fruit Scones~ホールミール・フルーツスコーン~

なのですが、今週はイースターですものね。


それに年末の最後の最後にホットクロススコーンというのもね・・・


ということで、ちょっと勝手に順番変えてしまいました。

ご了承下さいませ。




材料はセルフレイジングフラワー、グラニュー糖、バター、

サルタナレーズン、ミックスピール、りんご、シナモン、ミックススパイス、

卵、牛乳、アプリコットジャムの11種類。




「ひと味違う伝統的なイースターレシピ」

確かにイースターによく食べられるホットクロスバンズをスコーンにしたところがひとひねりですね。




嬉しくなって大量の水仙たちと一緒に(笑)。

イギリスでイースターの水仙といえば黄色い水仙です。

以前は水仙といえばとても日本的なお花のような気がしていましたが

イギリスに行ってからはとてもイギリスらしいお花と感じるようになりました。




~感想~
ホットクロスバンズとはまた違う食感で、まさにホットクロススコーン。
ふかふかではなく、サクホロですね。
たくさんの材料を使っているので、そのまま食べても美味しいのですが、
ホットクロスバンズと同じようにバターを付けて食べるのがお勧めです。
ちょっと目先が変わって楽しいイースターテーブルになると思いますよ。
190℃で23分
今年のイースターサンデーに作ってみてはいかがでしょうか。





そして、今回のナショナルトラストプロパティーは


(画像はNational Trust からお借りしました)


***

800年でなんと違いが生まれることか。

今日、私はモッティスフォントのスコーンを食しに行くべく旅に出る。

1214年に行っていれば私は洗礼士の聖ヨハネの洗礼を受けていたかもしれない。

まぁ、あんまり魅力的でないことは私も認める。

 

中世では、聖ヨハネはヨーロッパ中で洗礼をして回っていた。

当時、モッティスフォントはサリスバリーとウィンチェスターの中間地点に位置していることから

多くの修行僧たちがここを通っていた為、聖遺物は多くの人の目に留まっていたであろう。

しかしながら、この聖遺物はモッティスフォントを二つの大災害から守ってくれることはなかった。

一つ目は1349年にモッティスフォントを襲った黒の死、

二つ目はヘンリー8世が1536年に修道院を解体し、ここを友人のウィリアム・サンディーズにあげたことだ。

 

サンディーズはとても珍しいことをした。

彼はもともとあった建造物の周りに新しい家を建てたのだ。

モッティスフォントでは起こらなかったが、多くの街並みは壊されていた。

今現在確認できる中世な感じは、豪邸の基礎に見られる中世的要素のみである。

家の中自体のところどころに中世が見えるが、多くは現代風の内装になっている。

 

サンディーズのあと、モッティスフォントはミル・バーカー家に所有され、

その後はギルバートとモード・ラッセル夫妻のものとなった。

夫妻は豪邸を芸術家が寛げる田舎の邸宅に改装し、ここにはイアン・フレミングなどの著名人が泊まった。

ここには多くの可愛らしい小話が伝承されている。

例えば、ギルバート・ラッセルの肖像画は、ナショナル・トラストが古本屋の売り上げを用いて購入した、等である。

 

モッティスフォントは非常におしゃれな空間として出来上がっている。

庭や、邸宅を囲む景色はとても広大で、客間でゆったりとドライ・マルティーニを嗜みながら

夕食かアフタヌーンティーを待つのはとても贅沢な時間だ。


***




イースターなスコーン





次回は4/9(金)~Wholemeal Fruit Scones~《11/50》の予定


《BGM》
大滝詠一/君は天然色

☆ひさしぶりのひとり言☆
息子とドライブしていた時、「この曲知ってる?」とかけたのが大滝詠一さんのこの曲。
最近、何かのアニメに使われた?らしく息子も気に入っているようで「良いよね~」と。
私も一瞬で若い頃を思い出しました。
最近の若い人は(笑)昭和な曲も聞くそうで。
母と息子で同じ曲を良いよねと共感出来て、なんだか幸せな午後となりました。
良い曲は世代を超えて愛されるのですね。







Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...