new【2月イギリス菓子レッスン】詳細はこちらから
「リッチなチョコレートケーキ」と「ジャッファケーキ」
2/5(火)満席(キャンセル待ち受付中) 2/7(木)満席(キャンセル待ち受付中) 2/13(水)残1席 2/15(金)満席(キャンセル待ち受付中) 2/16(土)残1席 

new【3月イギリス菓子レッスン】詳細はこちらから
「シムネルケーキ」と「イースタービスケット」
3/6(水)残3席 3/8(金)満席(キャンセル待ち受付中) 3/12(火)残1席 3/14(木)残1席 3/16(土)満席(キャンセル待ち受付中) 

2015-04-05

シムネルケーキ


今日、4月5日はイースターです。


イースターの頃になると、イギリスはスイセンと菜の花が一斉に咲き


黄色い景色に春を感じる季節となります。



我が家もひと足早く、イースターに食べられるシムネルケーキを焼いて


春のティータイムを愉しみました。

オーソドックスなあしらいのシムネルケーキ。
ドライフルーツがたっぷりのリッチなケーキ。
レーズン・サルタナ・カランツ・レモンピール・オレンジピールとスパイスを合わせた 
フルーツケーキに、手作りのマジパンで表面を飾り付けられた
昔からある優しいお味のケーキです。
フルーツケーキは10日以上前に作り、熟成させていました。
 チック(ひよこ)もたくさん飾ってみました。
丸くたまご形にしたマジパン11個で飾るのは
イエスの12弟子のうち、ユダを抜いた11弟子を象徴しているそうです。
古くからある、イギリスの春を象徴するケーキですね。
ダウントンアビーのメイド達も、シムネルケーキを焼いて実家に帰ったりしていたのではないでしょうか。
日本では春と言うと梅や桜のピンクをイメージしますが
イギリスの春は間違いなく黄色ですね。
雨模様ですが、今日も素敵な午後を!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...