new【オンラインレッスン】詳しくは → こちら から ~募集終了しました~
スペルト小麦のスコーン&クランベリーと柑橘香るアールグレイスコーン◆イギリス産DOVES FARMスペルト小麦250g付き◆
・3/5(金)14:00~5:00 ・3/6(土)11:00~12:00 ・動画レシピのみのお申込みも受付中

new【三越伊勢丹オンライン英国展】
2/24(水)10:00~3/10(水)10:00 
(完売しました)イースターのビスケット缶」&「(残りわずかです)メイソンキャッシュ

2021-02-12

National Trust* Book of Scones ~Ginger and Treacle Scones~《4/50》

  ナショナルトラストのスコーンレシピ本、スコーン50種類全部作ってみる!


~⁂◆ひとりで勝手に50スコーンチャレンジ◆⁂~

***************

National Trust 

 Book of Scones

50 Delicious Recipes and Some Curious Crumbs of History

Sarah Clelland

 


***************


◆ひとりで勝手に50スコーンチャレンジ◆を始めて今日で4週目ですが

「週末に追いかけて一緒に作っています」と、

偶然にも今週、おふたりの方からメールを頂きました。

実は金曜日にアップしているのも、どなたかの週末のスコーン作りの参考になれば良いなぁ~

と思っての事でしたので、とっても嬉しかったです。

ひとりじゃない!ですね。

これを励みに頑張りたいと思います。



さて、本日のスコーンは・・・


(4)Ginger and Treacle Scones~ジンジャー&トリークルスコーン~




材料はセルフレイジングフラワー、ベイキングパウダー、ジンジャーパウダー、

バター、牛乳、ブラックトリークルの6種類。

セルフレイジングフラワーにベイキングパウダーがプラスされています。

どれだけ膨らませるの!と思いますが、イギリスのレシピではよく見かけますね。




イギリス菓子でトリークルと聞くとゴールデンシロップがメジャーかなと思いますが、

本日のスコーンに使うブラックトリークルは名前の通り「真っ黒」!

苦みのある黒蜜のような感じといえば想像がつくでしょうか。

残念ながら日本では手に入らないのでモラセスで代用して下さいね。




「スパイシーでリッチなダークスコーンは秋冬のティータイムにぴったり」

~感想~

ジンジャーとブラックトリークルで大人な味のスコーンでした。

レシピ通りのジンジャーパウダーの量ではちょっとジンジャー辛いかもしれません。

そしてレシピの牛乳では水分量が少ないので

レシピより多めに用意して、生地の様子を見て追加してみて下さいね。

ちなみに私は1.5倍くらい入れました。

220℃で15分。



お薦めに従って温かいスコーンにバター(有塩)をつけて頂きましたよ。

バター、合います!美味しい!

小さめサイズなので、パクパクいってしまいました。



そして、今回のナショナルトラストプロパティーは

Wimpole Estate(Cambridgeshire)


(画像はNational Trust からお借りしました)

***

「子供向けのナショナル・トラストの施設のランキングを決めるとしたら
素晴らしい牧場のおかげで、
ウィンポールはトップ5に入ると思われる。
かわいい小さなピグレットから、車ほどの大きさもある豚までいる豚小屋や、
放牧牛、シェットランドポニー、シャイヤー馬など、
来場者全員を楽しませてくれている。

ウィンポール・ホールはとても大きく興味深い建物であり
チャペルや素晴らしい図書室、1792年に作られた飛び込み用のプールなどがある。
飛び込み用のプールは魅力的で、当時、比較的珍しくは無かったらしい。
ウィンポール・ホールは1640年の建設から様々なオーナーによって所有されていたが
多くのオーナーは積み重なる負債のせいで手放すことを余儀無くされたようだ。

キャプテン・ジョージ・バンブリッジとその妻エルシーの手に1936年に渡った時にも
未だこの建物が残っていたことは驚異的に思える。
エルシーはルデャード・キップリングの唯一存命の子供であり
非常に裕福であったため、ウィンポールを購入することにした。
ジョージは1943年に亡くなり、
残されたエルシーは1976年にナショナル・トラストに渡すまで30年余り
1人でウィンポールを管理していた。
電気も水道も通っていなかったため、
戦時中であっても軍部からウィンポールが制限されることは無かった。

エルシーはとても個性的な人物であったとされている。
彼女は家の周りに人が来ることを極端に嫌い、こんな逸話が残っている。
ある日、ウィンポールの庭園でピクニックを楽しんでいるカップルを見かけたエルシーは
彼らの車のナンバープレートをメモして家を見つけ出し
翌週にその家の庭でピクニックを楽しんだ、と。
おそらく作り話だが、彼女がどういった人であったかを如実に表していると感じる。」

***


イギリスは雪がチラつくほどの寒さだそうです。

そんな日は、このジンジャーとトリークルのスコーンのジンジャー効果で温まりたいですね。




イギリスのロックダウンも、日本の緊急事態宣言も、

早く解除されて、穏やかな暖かな春が来て欲しいですね。





小振りなスコーン




次回は2/19(金)~Earl Grey Scones~




#nationaltrust#scone#scones#cremtea#tea#teatime
#ナショナルトラスト#スコーン#クリームティー#紅茶#ティータイム
#英国菓子#イギリス菓子#英国#イギリス#GB
#ひとりで勝手に50スコーンチャレンジ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...