new【オンラインレッスン】詳しくは → こちら から ~募集終了しました~
スペルト小麦のスコーン&クランベリーと柑橘香るアールグレイスコーン◆イギリス産DOVES FARMスペルト小麦250g付き◆
・3/5(金)14:00~5:00 ・3/6(土)11:00~12:00 ・動画レシピのみのお申込みも受付中

new【三越伊勢丹オンライン英国展】
2/24(水)10:00~3/10(水)10:00 
(完売しました)イースターのビスケット缶」&「(残りわずかです)メイソンキャッシュ

2021-02-19

National Trust* Book of Scones ~Earl Grey Scones~《5/50》

 ナショナルトラストのスコーンレシピ本、スコーン50種類全部作ってみる!


~⁂◆ひとりで勝手に50スコーンチャレンジ◆⁂~

***************

National Trust 

 Book of Scones

50 Delicious Recipes and Some Curious Crumbs of History

Sarah Clelland




***************



さて、本日のスコーンは・・・

(5)Earl Grey Scones~アールグレイ スコーン~




材料は牛乳、アールグレイ、セルフレイジングフラワー、

グラニュー糖、バター、ミックスピール、卵の7種類。

仕上げにアイシングシュガーをふりかけます。




昨年の新宿伊勢丹の英国展でクリスマススコーンとして作ったスコーン

「クランベリーと柑橘のアールグレイスコーン」も

アールグレイを使ったスコーンでした。

こちら↓
(延期となっておりしたこちらのスコーンとスペルト小麦のスコーンのオンラインレッスンですが、3月に開催します!)


さて、こちらの大きなアールグレイのスコーンは

アイシングシュガーでお化粧しております。




「エレガントなアフタヌーンティーに完璧なスコーン」


~感想~

これ、本当にとっても美味しかったです!

まずは焼きたてを頂きましたが、アールグレイの香りが豊かで

しっとりソフトな食感の中、きざんだ柑橘のピールが良いアクセントとなっていました。

エレガントなアフタヌーンティーというのなら、もっと小さくても?と思いますが

こちらは直径7㎝のビッグサイズなスコーンでした。

アールグレイはウィッタードのティーバッグを、

ミックスピールは自家製マーマレードを刻んで使いました。

200℃で17分。




そしてお薦めに従って

バターとマーマーレードも付けて頂きましたよ。




これも合う~!

生地の中に柑橘のピールが入っていますが

追いマーマーレードも良いですね。


こちらのマーマーレード、きんかんで作ったマーマーレードなのですが

こちらもすごく美味しい(笑)。自画自賛。




作り方、後ほど載せますね。

そのままでも美味しいきんかんを、ささっと煮詰めたので

フレッシュなマーマーレードとなりました。





そして、今回のナショナルトラストプロパティーは

【Polesden Lacey (Surrey)】


(画像はNational Trust からお借りしました)


***

読者の皆さんはどうかはわかりませんが、私は特に華やかな裏話があるナショナル・トラストの施設が好きだ。

サレー丘の絶景を眺めることができる邸宅ポールスデンは

1906年にマーガレット・マギー・グリーヴァイルと夫のロナルドによって購入された。

マギーがエドワード時代の有力者としての全盛期に住んでいた邸宅として

今現実は展示されている。

 

マギーはスコットランドのブリュワリーを所有する

大富豪のウィリアム・マックイワンを産みの親として持つ。

実際には彼女は隠し子であったが、

1885年にマギーが21歳の時に両親は結果として結婚している。

当時、世間がこの状況に対してどのような偏見を抱いたかは想像もつかないが、

ヴィクトリア時代ではあまり良くは見られなさそうである。

しかし、こういったことを気にせず、マギーは社交的に育ち結果として成功者となる。

 

マギーは王室の付き合いが大好きであった。

ポールスデン邸への来客者の中にはエドワード6世やジョージ5世、

次期国王のジョージ6世とその太后といった面々が、ハネムーンの少しをそこで過ごした。

太后は非常にマギーを気に入っており、彼女のことを

「とても親切でかつ面白く、不親切と表現した(良い意味で悪意がある)。」

もし彼女に気に入られればアクセサリーのコレクションを見せてもらえるだろう。

それらは全て彼女のホスピタリティの御礼として頂戴したものである。

最期の頃には彼女はコレクションを

まるで王室の人たちが欲しているかのように振る舞い、プレゼントしていたとされている。

しかし、邸宅だけはありがたいことにナショナル・トラストに遺してくれた。

***


6年半イギリスに住んでいた間が、

ナショナルトラストの年間パスポートであちこちの施設に行っていたつもりでしたが、

今のところ、行ったことのある場所が出てきませんね・・・。


でもまだ始まったばかりなので、続きを楽しみにしたいと思います。



だんだん春めいて来ましたね。

おうちスコーン、楽しみましょうね。




大ぶりなスコーン




次回は2/26(金)~Singin' Hinnies~




#nationaltrust#scone#scones#cremtea#tea#teatime
#ナショナルトラスト#スコーン#クリームティー#紅茶#ティータイム
#英国菓子#イギリス菓子#英国#イギリス#GB
#ひとりで勝手に50スコーンチャレンジ








Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...