【本出版のお知らせ!】
「イギリス家庭菓子」~美味しい紅茶とバターの甘い香りに誘われて~2016年9月7日発売(グラフィック社刊) 詳細はこちらから

new【5月イギリス菓子レッスン】詳細は こちら から
イングリッシュマドレーヌ&ブレッドアンドバタープディング
5/11(木)残席3 5/13(土)残席1 5/16(火)残席2 10:00~12:30

2015-12-22

イギリス便り ~ロンドン~


こんばんは。


夜もすっかり更けてますが、イギリス在住の友人から


クリスマスムードいっぱいのロンドンの写真が届きました。





まずはニューポンドストリートのカルチェのショーウィンドウ。


大きな真っ赤なリボンがお店の建物自体をラッピングしています。


赤と黒とゴールドが重厚感があって素敵ですね。






そして同じく、ニューポンドストリートのティファニィーのショーウィンドウ。


ティファニーらしくクリスマスもブルー系なんですね。


窓いっぱいのリースも色味を抑えていて素敵です。






こちらは、ピカデリーのキャスキッドソンのショーウィンドウ。


キャスらしく、ポップで賑やかなデコレーションですね。


Cracking Christmasとありますが、割れている真ん中の赤い筒状の物が


クリスマスクラッカーというもので、クリスマスシーズンになると


ランチやディナーのパーティーの席には必ずセッティングされています。


クラッカーの中には小さなプレゼントとウィットに富んだジョークやナゾナゾなどが


書かれた紙が入っています。


手をクロスして皆で輪になってクラッカーを引っ張り合うと


大きな音がパーんと鳴り、中身が飛び出してきます。


私もフラワーアレンジメントを習っていた時、クラッカーを模した物を作って


クリスマスフラワーアレンジメントをよく作りました。


キャスのクラッカーのデコレーションも、中からプレゼントが飛び出していますね。






最後の1枚は英国王室御用達のパートリッジの店内。


イタリアのクリスマスのお菓子(パン)である、パネトーネがいっぱい吊るされていますね。


ここはキャサリン妃もお買い物に来られるそうですよ。


上品で素敵なパッケージの商品が多くあり、ロンドンでお勧めのショップです。






ロンドンのクリスマス、素敵ですね。


行きたくなっちゃいます。




それでは、また明日・・・。



お休みなさい。








Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...