【10月イギリス菓子レッスン】詳細は こちら から
スティッキートフィープディング&ターキッシュデライト
10/14(土)満席   10:00~12:30

new【クリスマス・アドベントアイシングクッキーレッスン】詳細は こちら から
11/25(土)満席  11/29(水)残3  10:00~17:00

2014-05-19

ナルニア国物語とターキッシュデライト

 
 
 
おはようございます。
 
 
今朝も良いお天気ですね。
 
 
 
先週の金曜日、「ナルニア国物語」放送されていましたね。
 
 
子供の頃よく読んだ、大好きなお話です。
 
 
その最初の物語、「ライオンと魔女」の中で
 
 
主人公の4兄弟の中のレイモンドが、白い魔女に貰うお菓子が
 
 
ターキッシュデライトなのです。
 
 
 
 
とても甘くて柔らかくて、食感は柔らかいグミのようです。
 
 
ちょっと薄めに作ってしまいましたが、イギリスで食べられている物は、もっと分厚いです。
 
 
 
 
我が家の本棚にはイギリスの児童文学が多かったように思います。
 
 
「ナルニア国物語」
 
 
「秘密の花園」
 
 
「グリーンノウの子供たち」
 
 
その中でも大好きだったのが「ナルニア国物語」でした。
 
 
 
 
古く、大きなお屋敷でかくれんぼをする4兄弟が
 
 
大きなワードローブの奥に見つけたナルニアの世界。
 
 
わくわく、どきどきして何度も読んだ本です。
 
 
日本語訳の本では、レイモンドが白い魔女に貰うお菓子はプリンと訳されているのですが、
 
 
映画を観た時、明らかに違うものを食べているのにびっくりしました。
 
 
手づかみで白い粉まみれの何かを・・・。
 
 
 
 
それが実はターキッシュデライトと言うお菓子だと、後から知ったものです。
 
 
日本には無いお菓子だったので、分かりやすくプリンにしたと
 
 
聞いたことがあります。
 
 
確かにプリンの方が子供が好きなお菓子だと伝わりやすいですよね。
 
 
市販の物は日持ちもするので少し硬いのですが、
 
 
手作りすると、とても柔らかくて美味しいのです。
 
 
とっても甘いのですが・・・。
  
 
 
 
 
息子の本棚から探して、久しぶりに読み返してみました。
 
 
幼いころに戻ったような気がして、ひとり嬉しくなっています。
 
 
 
 
今日も素敵な一日を。
 
 
 
 
 
 
 
tableware infomation
silver plate : antique

 
 
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...