12/19(日)14:00~15:30  🈵【季節限定イベント】英国菓子と紅茶で楽しむクリスマス~オンライン・視聴型講座~

2021-11-19

National Trust* Book of Scones ~Fig, Orange and Walnut Scones ~《42/50》

    ナショナルトラストのスコーンレシピ本、スコーン50種類全部作ってみる!


~⁂◆ひとりで勝手に50スコーンチャレンジ◆⁂~

***************

National Trust 

 Book of Scones

50 Delicious Recipes and Some Curious Crumbs of History

Sarah Clelland



さて、本日のスコーンは・・・

Fig, Orange and Walnut Scones

イチジクとオレンジとくるみのスコーン




ちょっとオレンジアイシングをかけすぎてしまいましたが…



写真もちょっとズレてしまいましたが…

材料はセルフレイジングフラワー、グラニュー糖、バター、オレンジ、

ドライイチジク、クルミ、牛乳、粉糖、オレンジジュースの9種類。




「アイシングの代わりにスコーンを割ってクリームチーズを挟んでみよう」

とありますが、アイシングにしちゃいました。




~感想~

美味しかったです!
焼きたてを食べてみて、個人的にアイシングの方が合うかなと思い
オレンジアイシングをかけて仕上げました。
ちょっと多めですが…それも良し。
ドライイチジクとオレンジの組み合わせがティータイムにぴったりなスコーンですね。
でもクリームチーズを挟んだ物も食べてみたいので、次はトライしてみたいと思います。
190℃で20分。







そして本日のナショナル・トラストは・・・

(画像はNational Trustよりお借りしました)




***

 

私的にここサットン・フーは修学旅行で行きたかったような場所だ。

ここの知名度は1939年に考古学者のバジル・ブラウンが巨大な木造船を掘り起こしたときに一気に世に広まった。

彼はそこの地主であったエディス・プリティに敷地内にある巨大な盛り土の中になにがあるかを調べてほしいと招待された。

1938年の発掘調査ではそこが埋葬地であったという証拠をいくつか発見したが、明らかにそのどれもが盗掘にあっていた。

翌年更なる発掘調査に来たバジルは鉄製の釘を見つけ、アングロサクソン頃の船が埋葬されていると推察された。

発掘が続くにつれ、彼は船のサイズ感に圧倒されていた。

 

驚くべきことにその船が安置されていた場所は盗賊被害を受けておらず

発掘チームは金銀財宝や硬貨、武器、革など大量のお宝に巡り合った。

発見されたものでおそらく最も有名なのは現在大英博物館にて展示されているthe Great Iron Helmetだろう。

ここの安置所はおそらく625年に亡くなったレドワルド王のものである。

 

サットン・フーはまだまだ驚きを隠していた。

1992年にはまた新たな発掘が行われ、青年と馬のための二つのお墓が見つかった。

現地にある博物館ではどういった経緯でそういった埋葬が行われたかなどが展示されており、

また発掘されたお宝なども見ることができる。

そのあとは実際の墓地の周りを自分の足で探索することができる。

私が子供でここを友達と訪れたらどうしただろうと考えてみると、

きっとまだ見ぬ冒険に憧れて好き勝手立ち入り禁止を無視してはしゃぎまわっただろうから、

修学旅行でここには来ないで正解だったかもしれない。



***






甘くて美味しいスコーン






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...